青竹のふし

ICTの力で日本の福祉を世界一に!! 情報システム部

青竹のふしクラウドフェア 2019

357 views
約 11 分

青竹のふしクラウドフェア 2019

約2年間の期間を空けてのイベント。
前回の大きなイベントといえば「上司に「NO」と言わせないkintone浸透の裏技」ですが、
この期間にもクラウド技術は大きく進歩を遂げて、便利なサービスやkintoneのプラグイン、大幅に進化してきています。

今回のフェアでは、サイボウズ株式会社さんが提供するkintoneと何らかのサービスを組み合わせて行い、すぐに使える効果がでる、わかりやすいクラウドサービスの使い方をアピールしていきます。
クラウドは大事だけど、よくわかんないなー。
使ってるけどいまいち浸透できないんだよなー。

っていうちょっと始めちゃってる企業様から参加OK! また、

これ、めっちゃ便利やん!

今日から使いたい!

うちの規模でも使えるじゃん!

これ、私の部署だけでも欲しい!
っていう即効性のある、小さなチームからも使える内容もお話しちゃいます。

皆様の日々の暮らしでも目にするようになったクラウドサービス。皆様の組織、法人、チーム、部署でも、小売店でも使い始められるものをご紹介して参ります。
青竹のふしでは、ひとつの業務だけにとどまらず、川の流れに沿うようなクラウド利用を推奨しております。
今回のクラウドフェアでは、青竹のふしが医療現場で培ってきたノウハウと実践的な業務内容から売り上げ管理・会計処理・給与管理・労務管理までを行える「流れ」を学んでいただけるよう構築しています。

幅広い内容に見えますが、求人から採用を行い労務管理、実際の売上獲得と現場で起こる問題点を各分野から広い視野で捉えた講演となりますので、AからDまで通じての受講をお勧めいたします。

講演A 暮らしを支える医療現場の現実と未来像

超高齢社会の日本。
膨大に膨らみ続ける社会保障費は、年間40兆円を超えて今後ますます増大するといわれています。
支える人と支えられる人のバランスが崩れ、機械化や業務効率化が待ったなしの医療現場。また、皆さまの暮らしを支える医療。命を支える医療現場での現状を
ITコンサルタントとして仕事をされており、自らが脳卒中により入院し患者として体験された課題点と今後の未来像についてお話し頂きます。
また、青竹のふしが地域医療を行う中で有用なアプリケーションについて、kintoneで行った開発や利用概要を説明いたします。
  • 病は突然襲ってくる
  • 日本が抱える構造上の問題と遅れ
  • 院内は超アナログ、伝統工芸の世界
  • 情報共有っていう言葉すら地域では連携されていない
  • ITを活用した効果的な医療、リハビリテーション未来像
  • 妻に感謝
演者紹介
自らがITの仕事に携わるなかで、脳卒中を発症し入院からリハビリ、退院を経て在宅生活をおくりながら社会復帰を果たす。
触れることのなかった医療の世界を患者目線で目の当たりにして感じた問題点、高齢社会を迎える日本の社会構造上の課題について当事者として語る。
医療はITの活用で、もっと効率的に効果的によりよいものになる。
ITの専門家として患者自らが出来る情報発信で医療を変えていければと講演頂きます。

ちいさな事業を応援する リトルヘルプ合同会社 船長
森本 伸夫 氏

紹介kintoneアプリ

・リハビリテーション評価アプリ
・患者様掲示板
・リハビリテーション予定管理
・管理栄養士、看護師、医師、セラピストのチーム体制
・入退院受付管理フォーム&View

受講対象者

・医療従事者(医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士・診療情報管理士)
・医療介護施設従事者
・受症当事者
・IT関連事業者及び担当者
・その他関心のある方

開催時間

演目  :講演A 暮らしを支える医療現場の現実と未来像
開催日 :2019年3月22日(金曜日) 13:00~13:50
参加費 :無料(事前登録制)
参加人数:40名
開催場所:サイボウズ株式会社 東京本社 セミナールーム

受付終了

講演B Airシフトで、出勤管理らーくらく! データの応用

日本がかかえる人口減少問題。働く人が減少し、多様性が高まる時代。
短時間からでも労働力を確保し効率的なシフトを組み上げる仕組みは、小売店から大規模な企業や組織にも必要とされてきています。
手作業で行われてきたシフト管理。Excelや手書きの勤務希望申請書をデータに置き換えスムーズに共有します。
大手が安価なクラウドサービスを多く提供し始めてきた昨今、kintoneと連動して利用することでさらなる労務管理、勤務予定作成を効率的に行います。
一人ひとりがスマートフォンを持った時代へ。
企業がこれからすべきことをお話します。
  • Airシフトってどんなもの?
  • 双方向にリアルタイムで連絡できる時代
  • 他社より一歩先ゆく為には
  • 使えない、を「使っていく」にする方法
  • 少子高齢化、技能実習生の活用
  • シフトをkintoneに利用するメリット
演者紹介
創業30年。中小企業をけん引してきた小さな会社の小さな社長が語る現場の苦労とIT利用の必要性を語ります。
今や大企業と同じシステムが使えるようになったクラウドは、大いなるビジネスチャンスでもあり真剣に取り組まなければ時代から取り残されてしまう必要なもの。
ポケットベルの時代からスマートフォンへ移行したよりも変化が起こるこれからの10年。
時代をキャッチして、安定した求人活動と配属(シフト管理)が出来る仕組みを経営者目線で語ります。

株式会社関西 代表取締役社長
青山 敬三郎(作業療法士・介護福祉士)

紹介kintoneアプリ及びクラウドシステム

・Airシフト(リクルート)
・有給申請管理
・従業員台帳連携
・配置リスク管理
・勤務時間管理

受講対象者

・リクルート担当者
・労務管理従事者
・シフト作成担当者
・複数店舗勤務状況管理者
・店長
・経営者
・IT関連事業者及び担当者
・その他関心のある方

開催時間

演目  :講演B Airシフトで、出勤管理らーくらく! データの応用
開催日 :2019年3月22日(金曜日) 14:00~14:50
参加費 :無料(事前登録制)
参加人数:40名
開催場所:サイボウズ株式会社 東京本社 セミナールーム

受付終了

講演C 軽減税率対策補助金対象 Airレジで店舗を変える!

消費増税を本年に控え、様々な軽減税率対策などが決定されています。
飲食店での税率対象の違いや販売品による課税率の違いで複雑化するレジシステム。既存のPOSシステムを買いなおすには費用が高すぎたり、せっかくの電子決済ポイントがつかなかったり。
クレジット決済や交通系の決済を可能にもし、購入費3万円代(軽減税率補助金利用)からでお店のレジがiPadに。
Airレジの使い方と、商品マスター構築の方法。多店舗でも利用できる売り上げデータ、商品データをリアルタイムにクラウドで管理できる仕組みをお伝えします。
飲食店、物販以外でも商品を販売する、または新たなマーケットを模索している企業様・個人事業主様には必須の内容です。

  • Airレジでどこまでできるの?
  • 軽減税率補助金って何?
  • 時系列売り上げデータの管理方法
  • 多店舗間での売り上げ情報共有
  • 電子決済のメリットデメリット
  • 戦略的商品選定、登録をkinotneで行うには?
演者紹介
実家が創業130年のなにわ商人。生まれ育つ中で「物を売る」ことを覚えてきた中小企業の経営者。
商品をお客様に提供し、社会をより豊かにするための商売を目指て30年。よりよい商品を素早くお客様に提供する秘訣をクラウドを利用してさらにレベルアップした方法をお話します。
変わりゆく日本の消費税に対応しながら、増え続ける電子決済への取り組みや、現金の大事さをITとアナログの両面から構築してきた経営者の実践的経営戦略セミナーです。

株式会社関西 代表取締役社長
青山 敬三郎(食品衛生責任者)

紹介kintoneアプリ及びクラウドシステム

・Airレジとレジの実物(リクルート)
・多店舗売上管理アプリ
・商品マスターアプリ
・商品登録廃盤管理
・故障報告アプリ
・クレーム処理管理アプリ

受講対象者

・商品販売企画担当者
・店舗マネージャー
・シフト作成担当者
・複数店舗売上管理者
・店長
・経営者
・IT関連事業者及び担当者
・その他関心のある方

開催時間

演目  :講演B Airシフトで、出勤管理らーくらく! データの応用
開催日 :2019年3月22日(金曜日) 15:00~15:50
参加費 :無料(事前登録制)
参加人数:40名
開催場所:サイボウズ株式会社 東京本社 セミナールーム

受付終了

講演D 給与・労務・会計管理が快適になる未来のクラウド

給与・会計はここまで自動化されている。
奉行や弥生といった今まで当たり前に使っていたオンプレミスの給与や会計システム。毎年の保守料や更新費用はかなり高くついていませんか?
労務管理がクラウドになるという事は、単にどこからでも作業できるというだけのことではありません。
レシートをスマートフォンで撮影するだけで会計処理されたり、給与明細が職員のスマートホンから閲覧できたり、年末調整も行えます。
時間のかかる、ストレスの多い労務管理。そんな時間を削減し、本来大切となる従業員と向き合う働きやすい会社へ。
これからの世界観を講演いただきます。

  • よく聞くfreeeってなんだ?
  • これから始まる新たな労務管理システム
  • 実践的利用内容
  • freeeとkintoneで出来ること
  • システムを変えるのではなく仕組みを変える
  • 労務管理を極めてリクルートに強くなる
演者紹介
自動仕訳やAIなど、話題が多い会計処理システム。今回はfreeeさんに来ていただき、freeeさんの考える世界観や未来への期待、ロードマップなどについてお話しいただきます。
変わりゆくクラウド時代に、自らが変化しAIやクラウドを利用して勝ち残っていくために、どのような経営判断が必要なのかを感じていただける会社の未来を展望した内容となります。
少子高齢化、人手不足でどこも苦労する条件下で注目される企業になり、求人活動及び労務管理業務に強くなるために。

freee株式会社 (予定)

紹介kintoneアプリ及びクラウドシステム

・freee会計、人事 労務管理
・求人活動管理アプリ
・リクルート申込フォーム
・雇用契約管理アプリ
・配属配置履歴管理アプリ
・見やすい従業員配属管理システム

受講対象者

・店舗マネージャー
・エリアマネージャー
・労務管理従事者
・会計士
・社労士
・税理士
・店長
・経営者
・IT関連事業者及び担当者
・その他関心のある方

開催時間

演目  :講演D 給与・労務・会計管理が快適になる未来のクラウド
開催日 :2019年3月22日(金曜日) 16:00~16:50
参加費 :無料(事前登録制)
参加人数:40名
開催場所:サイボウズ株式会社 東京本社 セミナールーム

受付終了

便利なプラグイン紹介

便利なプラグインを、来て見て触って、体験していってください!
プラグイン体験は、休憩時間や講演後も体験、相談が出来ます!不安に思っていることや聞いてみたいことなど、リアルに聞いてみてくださいね!
デモ予定kintoneプラグイン

・KOYOMI
・KANBAN
・KOUTEI

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook