青竹のふし

ICTの力で日本の福祉を世界一に!! 情報システム部

プレミアムプラン

プレミアム(篁コース)
拡張型短期型業務改革プラン

プレミアムプラン

STEP1お申込み
WEBまたはお電話でお申込みください。

kintone or Excel or サイボウズOffice

もしくは、それ以外のクラウドサービスが適合するかもしれません。
皆様の想いを適切なクラウドサービスに結び付けていきます。

STEP2ヒアリングシート
お申込み内容に応じたヒアリング方法で、出来るだけ詳しく現在の問題点と改善したい業務内容、開発したいアプリケーションなどをご記入ください。

※オプションで面談しながら問題点の発見やシステム開発のアドバイスを行うサービスもございます。課題抽出作業に自信のない方はご利用くださいませ。

STEP3相談&アプリ開発
青竹のふし青山オフィスもしくはビデオ会議にて面談しながらアプリケーションの利用方法や問題点について開発を行います。
アプリの作り以外にも承認や申請などを行うプロセス管理や無料で利用できるプラグインなどの必要があれば、時間内で導入していきます。

スタンダード以上利用可能

業種、業界においても基本的な作業構造は似ています。
お客様が居られ、商品やサービスがあり取引先が存在し、会計や給与計算に繋げていく。

アクティブモジュールでは、建築建物が910mmを基準に設計されるように業種、業界を類する前に、作業としての基準を設けておいて、その枠組みに適したアプリケーションやサービスをあてはめていくことで
超高速でシステムを開発し、業務改善に繋げることが出来ます。
青竹のふしが現在までに作り上げたkintoneアプリケーション。それは数千にのぼる数を有しています。その中で失敗や成功を繰り返し、枠組み(モジュール)に適したアプリケーションを選択して、皆様に適した
最高の状態にフィッティング致します。

細かく設計されたヒアリングシートを元にべーシックプランで出来る最大限を、有料及び無料問わず最適なクラウドサービスやExcel、マクロなどを用いて現在遂行可能な状態で設計します。

フルオーダーメイドでシステムを作り上げるのではなく、洋服の企画サイズや建築の企画サイズのようにシステムをあてはめて作り上げるので、業務改善を実行するまでの時間を大幅に短縮することが出来て、
ベーシックプランを開始したヒアリング時からシステムをイメージしながらアプリ開発に望めます。

最大5回のアセス/月

完成されているアプリケーションはすでに数千以上。
開発しては改良を重ねてきたからこそ、シンプルで洗練された内容のアプリケーションは手を加えずとも機能することでしょう。
そんなアプリケーションを皆様の業務や作業に応じて最大25個までチョイス。

ヒアリングシートに沿って、それらのアプリケーションを更に改良し、それぞれの作業特性に応じてリレーションを組み込みます。
kintoneライトコースでも、ノンプログラミングでも利用できるアプリケーションを目指し、完成までにさらに相談を行い内容を見つめていきます。

また、完成したアプリケーションは、業務に導入後自由に改良していただけます。

※再配布・再販は禁止いたします。

カスタマイズ開発利用可能

青竹のふしで構築されたkintoneプラグイン及びjavascript。
kintone提供開始から実践で使ってきているからこそ分かるカスタマイズ。そのノウハウをパッケージ化してメニューにしています。よく使われるカスタマイズはプラグインに。
複雑な動きをするプログラムも作業構造が類似するものには、すぐに展開できるように準備。
また、kintoneだけでなくデータの活用や現在の作業をそのままにクラウドを利用したい場合など、もっと便利にExcelを活用するためにマクロやVBも準備して、現在の業務と改善、そしてアプリケーションとこれらカスタマイズを組み合わせやすいようにモジュールしています。

ベーシックプランでは必要なカスタマイズメニューを割引して提供できますので、アクティブモジュールで完成したアプリケーションたちの更なるカスタマイズなどにもご利用ください。

ブリコラージュ

青竹のふしには、「作業クリエイター」と呼ばれる作業を設計できる人材がいます。
仕様書で決められたシステムを作り上げるだけの開発ではなく、現在ある業務を見て、そこにあった方法、またどのように改善すればスムーズに作業が作り直せるかをデザインします。
今まで当たり前に行っていた作業もクラウドを導入するきっかけから見直しを図り、もう一度作業工程を作り直して効率的な方法に切り替えられるようにアプリケーションを配置し、
皆様の持っているパフォーマンス、作業方法で実現可能なスキルを選択します。

経営者と言えども、すべての業務を効率よく設計する能力は経営とは別問題です。
また、経営者だからこそ主観に捉われてしまって作業の優先順位が間違っている場合があります。

業務改善には、現在行っているビジネスモデルの全体像理解と、業務内で発生する問題点の抽出が出来なければなりません。
青竹のふし作業クリエイターは、その全体像をもう一度イメージ図に書きおこし、本当にしなければならない問題解決点の整理を相談、アドバイスします。

それらが発見できると、その課題に対してアプリを配置していくだけで、自然と業務改善に繋がっていくでしょう。

ベーシックプランでは、オプションとして問題解決相談を利用することが出来ます。

Popular!