青竹のふし

ICTの力で日本の福祉を世界一に!! 情報システム部

作業クリーエーター

遊びでも仕事でも、人が行う積み重なった動作を、作業と言います。

作業クリエーター :青山敬三郎(作業療法士) http://keizaburou.com/作 業を行うことで、人は様々なことを獲得したり楽しめたりします。 作業の要素や工程を使い分けて、リハビリテーションに役立てるのが作業療法士の仕事ですが、 みなさんが行う仕事の中にもたくさんの作業があり、それら作業の方法や仕組みを変えることで、 しんどかったことも、面白くないと感じた作業も楽しくなります。楽しくなると、仕事にやりがいが見いだせ、豊かになっていきます。 豊かな作業活動には、共通項があります。 美しく、効率的で明瞭である。 つまり、完成度が高いのです。完成度が高くなると、どんなものでも美しくなっていきます。皆様のまわりにある、様々な作業をICTの力や工程を組み直す作 業療法の力を使って改善し、システムと連動するようにしていきます。 それが、作業クリエーターの仕事です。

creator_01

青竹のふし情報システム部員ITの力を利用して、働き方・生き方を考える 情報システム部員のみんな。

hisamu_satou
佐藤仙務

第1号レギュラー部員
株式会社仙拓
代表取締役 佐藤仙務

寝たきりでありながら起業し、社長を務める佐藤氏。
自らの会社でもkintoneを利用して障がい者が働きやすい環境を構築している。
著書に「寝たきりだけど社長やっています」があり、大ヒットしている。

takumi_matsumoto
松元拓也

第2号レギュラー部員
株式会社仙拓
副社長 松元拓也

株式会社仙拓の副社長として、またデザイナーとして仙拓を支える。
kintoneのアプリを製作したり、仙拓レンジャーズという作業所などをチームに取り組んだ新しい障がい者雇用を創設している。