青竹のふし

ICTの力で日本の福祉を世界一に!! 情報システム部

2018年 新年のご挨拶

406 views
約 3 分
2018年 新年のご挨拶

2018年 明けましておめでとうございます。

皆様、またひとつ、青竹のふしを刻むように新しい一年が始まりました。
今年は、東京オフィスも大阪の児童デイも快晴に恵まれ、清々しい元旦となりました。冷たい空気の中にも、どこか春の兆しを感じられるような暖かい陽が差し、年明けと同時に梅や桜の開花を待ち遠しく思える陽気な一日でした。

昨年は、皆様のご支援賜わりましたお陰で、より飛躍できる一年となりました。
児童デイでは、利用者様数も順調に伸び、昨年4月から入社いたしました社会福祉士らも実務を通して成長して参りました。
児童デイをご利用くださるお子様、親御様に様々なことを学びながら、4月で一年を迎える準備も出来てきたことでしょう。
入社一年目、まだまだ至らぬ点がある中、皆様にはスタッフの成長にご理解及びご支援も頂き、大変感謝しております。
本年もサービスの充実とスタッフの人材育成に力を入れ続け、よりよい児童デイを目指して参ります。
今後ともどうぞ、青竹のふし子ども発達リハビリセンターをよろしくお願い申し上げます。

一方で、東京に進出し、本年で4年目を迎えました情報システム部の事業ですが順調に売り上げを伸ばしており、ご依頼くださいますお客様並びに弊社を支援してくださるお取引の皆様によるお力添えも頂きながら、事業を拡張することが出来ております。
改めまして、感謝申し上げます。誠にありがとうございます。

昨年は、本事業の活動に注力し一昨年よりご愛好いただいておりました研修事業を休止しておりました。昨年一年間、情報システムのあるべき姿を模索し、システムだけでなくプログラミングだけでなく、業務を改善することにより幸せや豊かさを提供するために、何が必要なのか一生懸命、模索して参りました。
その経験と、弊社が過去29年間に培ったノウハウを融合することで、一筋の光を見出すことが出来ました。
この「気づき」を弊社の技術力とし、30年を迎える本年にふさわしい活動が出来ますよう、さらに努力を続けて参ります。

開業30年。

支えてくださったお客様、従業員の皆様、お力添えくださった取引先の皆様、すべての力を受けて今日を迎えることが出来ております。
この重みをしっかりと感じ、弊社サービスを提供させていただける喜びと楽しさを忘れずに、皆様の心に豊かさを提供できるようこれからも努力をひとつひとつ積み重ねて参りたいと思います。

今まで本当にありがとうございます。
また、本年もよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
青山 敬三郎

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook