青竹のふし

ICTの力で日本の福祉を世界一に!! 情報システム部

NKアグリさんを訪問! レタスのIT生産と障がい者雇用を学ぶ。

893 views
約 5 分

青竹のふし情報システム部が本格的に活動を始めて、最初の会社訪問。

見学先は、IoTをバリバリに取り入れている水耕栽培で大人気のNKアグリさん。

作業クリエイター青山のふるさと、大阪からもすぐいける、和歌山県と大阪府の県境近くにあるNKアグリさん。
めちゃめちゃ広大な敷地に、すっごいゆったりと、しっかりと整備された過去の栄光を髣髴とさせる設備や建物の数々。
圧巻。

どこに車を止めればいいのか、

あ、あったあった。NKアグリさんの看板。あと、100mか。歩いていくか。ん?
見間違いだ。いくら乱視の青山も見落とさない。あと100mではなかった。ずっとずっと奥のほうに、さらにさらに1000mほど進むとありました。

aguti6-1200x900

でーん。

aguri10

aguri9

おや、YUKIちゃん(三代目)。
歌手のYUKIと三代目が合体したのではなく、三代目のゆきちゃんというやぎさん。めちゃめちゃかわいい!
なつっこくて、僕らをにこにこしながら迎え入れてくれました。

aguti8

今回、訪問のきっかけとなったのは、前回のkintonehive第二回で惜しくもアワードを逃してしまったNKアグリさんに、hive後の懇親会 で青山がお願いしたのが始まりでした。青山はkintoneアワードはNKアグリさんだと確信していたので、残念だったのですが実際にみてみたい。
ここで、どうやってITが使われているかっていうより、どうやって障がい者雇用の連鎖が生まれているのだろうって気になったのだ。

さー、みんな綺麗に清掃して衛生を保って、いざ、ハウスの中へ。

す、すげーーー。圧巻だ。
めちゃくちゃきれい!
整理整頓されていて、すっごいきれい。めちゃくちゃレタスが並んでいる~!!!!!

aguri1

aguri2

kintoneエバンジェリストたちが大勢一緒に参加した今回の見学会。
それにも笑顔で対応してここまで見せてくださる三原社長はどれだけ肝が据わっておられるのか。。
でも、そうそう簡単にはまねできたいとのこと。ここまでいたるには、数々の失敗と想像できないくらいのデータが積み重なってできていると。でも、案外、最 後は人の判断であったり、機械も完全機械化ではなくて、アナログの部分も残しつつ、手でやったほうが安くて早いものは、手で、って感じで、まさに青山のめ ざす「どろくさいIT」なのだ。

いや、水耕栽培なので土は使っていない笑
そうじゃなくて笑

機械はツール。判断は人間、なのである。

3000坪くらいあるらしく、この水の上をぷかぷかと浮かんで成長していくらしい。
担当の方が、自慢げに成長したレタスの根っこを見せて、熱く語ってくれました。おばちゃんキラーらしい、実は。

aguri4

aguri5

自分たちの仕事に誇りをもっているし、大事に育てている。それがもろ、青山のハートを打ち抜いた。
感動だ、すごい、すごいよ!

aguri11

もっとすごいのは、このレタスの種付けの手作業の仕事を、就労移行支援として事業協力して作業所さんなどと取り組んでおられること。
しんじられないよね。でも、こうやってタスク化して、一部の作業工程に関われるのなら、作業所に通ったり移行支援事業としても、ほんとうに意味のある活動となっているだろう。

aguri12

aguri3

それに、ここにはたくさんの時間がずれた労働者がいる。高齢の朝、早い人から、幼稚園に送り出してから来る人。
もう、障害とか年齢とかではなくて、ここにコミュニティーが出来上がっていてて、ITと地域が一体となった、街なのである。

それぞれの仕事に意味をもってて、役割があって達成感がある。

ひとつのコンテナの梱包作業が終わると、ほうきがけをして掃除する。
あーー、そうそう、そういうのが大事なんだよ!ってえらそうに思ってしまう青山。
松下幸之助さんの本にも、掃除の大事さが書いているが、それを自然にできているっていうことが、どれだけ大変であるかは、
僕も小さい会社ながら理解できる。

す、すげーぜ、三原社長!!!

この緑が芝生のようにならぶレタス。
ぱっと見て、何も思わないだろうが、大きさ、形、背丈、一緒ですよね。
これって、どんなけ大変なことか、わかりますか?
また、これって、どれだけ出荷の安定性と事業戦略を立てられるアライメントかってことがわかりますかね~。

aguri13

血のにじむような努力の上に、このアライメントは完成している。
じーん。でした。

最後に、これらをkintoneを使って管理もして、情報共有していることも画面を惜しみなく教えてくださり、
農業をしたことがない三原社長が、これだけ農業、
いや

もはや農業ではない。地方創生であり、雇用創出であり、障がい者雇用支援でもあり、街づくりであり、

しいては、人間づくりなのではないだろうか。
雇用の可能性を広げて、ギブギブの関係を作っていく、三原社長。

今日は、ほんとうにありがとうございます!!!!!!!

みなさんもぜひ、この努力の上に成り立っているNKアグリさんの野菜を食してみてくださいね!!!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook