青竹のふし

ICTの力で日本の福祉を世界一に!! 情報システム部

寝たきり社長こと、佐藤社長と松元副社長と

957 views
約 3 分

2015年11月6日金曜日 東京で行われたサイボウズカンファレンス2015

この場に登壇されたのが、青竹のふし情報システム部員、第一号の佐藤社長だ。
佐藤社長のことは、寝たきり社長で検索すればいろいろ出てくるので、ご覧いただきたい。

佐藤社長と青野社長の対談は実に素晴らしかった。裏では、めちゃくちゃ緊張していたらしく、ビビッていたと振り返るが、はきはきととても明瞭にかっこよかった。
むしろ、横についていたお母様ののどの調子が心配なくらいで笑

カンファレンスの様子や、対談内容も、多く記事になっているだろうから、ここでは、青竹のふしの活動を報告したい。

image-3

数日前まで行かないはずだった松元部員を強引に誘い、行くことに。
東京駅で待ち合わせして、kintoneの広告を見ながら、赤坂見附に急いだ。時間ぎりぎりだ。5分ディレイしている。ラッキー。いや、待っていてくれたのか。

12195016_900983616663386_8164512048265376205_o

会場の雰囲気にのまれつつ、慌てて椅子につく。サイボウズさんの最高のはからい。登壇者の社員とあって、最前列だ。
み、見やすい。でも、めちゃくちゃ緊張する。
目が合うくらい近い。

途中、12月から放送予定のワーママ動画の続編が公開された。そのあと、田中圭が登場して、会場をにぎわせた。おもむろに横を見ると、衣川部員がすごい笑みで喜んでいる。

「やったー、最前列、ラッキーですね。」

おいおい、と思いつつも、やはり男前だ。僕も背がほしい。牛乳を飲もう。まだ間に合うかもしれない。けど、あのイケメンにはなれなさそうだ。

これが予告編だ。

対談中、松元部員が作っている青野社長の名刺が画面にでっかく映し出され、佐藤部員がこう語った。

「この名刺見てくださいよ。だれがみても重度の障がい者が作ったって思わないでしょ?」

そうだ。思わない。どこかのデザイン事務所だろうって思うくらいで、松元部員が作っているとは思わない。
指ひとつ動かしてなんて、また想像できないだろう。

会場の二千人近いひとが一斉に松元部員に拍手を贈った。鳥肌がたった。 彼は男になったのだ! 
たぶん、松元部員のお母さんが一番喜んだであろう。こんな拍手をもらったことはなかったはずだ。プロとしての仕事をして、
この数千人の前で評価されて本当の拍手が送られた。 感動した瞬間だった。

登壇がおわり、テレビの取材へ。

12212321_914241538662763_2011460196_n

12202338_914241535329430_777528098_n

そろそろ、金髪もおわりにしないといけないなあと、この写真をみて思ってしまった。

テレビ公開までには、名刺発注フォームをkintoneと連動させて、メールワイズも取り込んで作業タスクとして完成させたい。
当日の夜、松元部員よりFBで、クラブ活動の相談があった。

「早く、クラブ活動したいです!。木曜日、大丈夫ですか?」

なんて、やつだ。なんてストイックなんだ笑

今日はいい日だった。

ICTを使えば、だれだって豊かになれる。
彼らは一番部員だ。
一緒に行うクラブ活動は面白くて、とても有意義だ。みんなも青竹のふし情報システム部に入ってみてはいかがでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook